個性を理解すれば人間関係はうまくいく

みなさん、こんにちは。

yukiです。

 

本日、ISD個性心理学を体系化された、服部先生の講演会へ。

実例を交えながらのお話は、面白すぎました(笑)。

先生のキャラが面白かったのかもしれません・・・(笑)。

 

上の2人が2・3歳の頃、生年月日統計学を学び、

その後、3番目が生まれて「ISD個性心理学」に出逢い

インストラクターとなりました。

 

私は常々、子どもたちのことを深く知りたい、一番の理解者でありたい

(苦手を知り、得意を伸ばしてあげたい)という想いが強くあります。

 

個性は強み。

 

その子の個性を理解できていたら、

その子にあった教育をしてあげることができます。

 

その子の個性を理解できていたら、

苦手なことを強要することもなくなるでしょう。

 

その子の個性を理解できていたら、

誰かと比較して親子して悲しむこともなくなるでしょう。

 

そうすることで、子は自己肯定感が養われ、

親もわが子への愛情がより深くなり、

親子関係が、よりよいものになると思っています。

 

個性心理学は、親子だけでなく、夫婦、嫁姑、上司と部下など

様々な人間関係に応用できますので、

本当に、エネルギーの無駄遣いが激減したように思います。

特に、子育てには本当に役立っています。

 

自分はこうなのだけど、相手はどうなんだろう?

 

みんなが、その想いを持って人と接していたなら、

世の中はもっと平和になっているのかもしれないなあと思います。

 

個性を否定することなく、認め合う。

そんな世界で、子どもたちは生きてほしいと思います^^

 

thL1HPD0JX

 

今日もありがとうの連続です^^

残す時間も心を込めて、丁寧に過ごします。

 

avatar

yuki について

~yuki~ 大学卒業後、営業、秘書、企画、商品開発などの職を経験。 現在、11歳、9 歳、1歳の一男二女と夫の 5 人暮らし。 過去に、育児ノイローゼや原因不明の様々な病気を経験。 子どもはアレルギー、チック症、頻尿などを発症。 これらの経験から、 カラダ、ココロ、食、環境など幅広く学びを継続中。 自分や家族に合った情報や物事を取り入れた丁寧な暮らし、 何事も過度にならないバランスの良い暮らしを心がけている。 感性子育てセラピストとしても活動中。 子どもやママが笑顔で元気に暮らすための、 イベントや講座の企画運営も行っている。 夢は、子どものココロとカラダのスペシャリストになること、 子どもたちがワクワク&キラキラ過ごせる空間を作ること。 【取得資格】 社会教育主事, サードメディスンアドバイザー, ナチュラルシードマイスター, ISD 個性心理学インストラクター などなど。
カテゴリー: 未分類 パーマリンク