まだ喋れなくても、全てを理解している

おはようございます。

yukiです。

先週後半、体調不良でPCから離れておりました。

よって、久しぶりの更新です。

楽しみにして下さっていた皆さま、お待たせしてごめんなさい!!

 

5月から、保育園生活がスタートし、1か月半が過ぎました。

母は、子どもの順応性に感動する毎日です。

まだほとんど喋れず、会話の成立しない1歳半。

できないことがいっぱいあるし、

わからないだろうと思いがちかもしれません。

 

しかし、そうではないということを次女が教えてくれます。

まだ喋れない赤ちゃんでも、色んな事をよく理解しています。

 

【私の忘れ物に次女が気づいた】

ある朝、慌ただしく保育園へ持っていく荷物を用意しておりました。

「これでOK!さあ、行こうね」

私は次女に声をかけ、出発しようとしていました。

しかし次女は、必死に何かを指をさし、出発しようとしません。

何だろう私が考えていたら、次女はテクテク歩いて行き、

戻ってきた小さな手には、おしりふきケースが。

私は、直前に使用していたおしりふきを

テーブルの上に置きっぱなしにしていたのです。

それに次女は気づいていたのです。

戻ってきた次女は、満面の笑みでおしりふきケースを私に見せました。

『ほら、お母さん、また忘れてるよ!』

と言ってるかのよう(^^;

さらには、それをバックに詰めようとしておりました。

完璧(笑)。

1歳半のまだ喋れない赤ちゃんに、忘れ物を教えてもらうなんて(^^;

毎日の出来事をよく見ている証拠ですね。

赤ちゃんの観察力に感動した朝の出来事でした。

 

【いってきます&バイバイの儀式】

我が家では、行ってきますの前に必ずハグをします。

夫や長男長女が出社・登校する前、

次女は、両手を伸ばし「ギューしよ~」とサインを出します^^

朝、保育園でお別れする際も、私とハグをするのですが

先生が気を遣われて、先に抱っこしてしまうことがあります。

すると娘は泣きながら、私に両手を伸ばしてきます。

私が抱っこすると小さな両手を私の背中に回して

赤ちゃんとは思えない力で、私をギューッ。

この瞬間は本当に至福の時です(笑)。

ハグをした後は、先生に手を伸ばし、私に笑顔で手を振る次女。

わかってるのですね、ギューをした後は

それぞれの時間になるということを。

でも必ずお迎えに来てくれるとわかってるから、

笑顔で送り出してくれるのだと思います。

 

小さなカラダだけど、

きっとココロはもう私たちに近いのかもしれません。

十分にいろんなことが理解できてると感じます。

 

日々、色んなことを教えられます。

感動と感謝の連続。

 

子どもたちは、きっと今日も、笑顔で「いってきます!」と

言ってくれるでしょう。

子どもたちの笑顔は、私の元気のもと!!

 

今日もたくさんのありがとうを。

丁寧に心を込めて過ごします^^

バンザイ

 

 

 

 

 

avatar

yuki について

~yuki~ 大学卒業後、営業、秘書、企画、商品開発などの職を経験。 現在、11歳、9 歳、1歳の一男二女と夫の 5 人暮らし。 過去に、育児ノイローゼや原因不明の様々な病気を経験。 子どもはアレルギー、チック症、頻尿などを発症。 これらの経験から、 カラダ、ココロ、食、環境など幅広く学びを継続中。 自分や家族に合った情報や物事を取り入れた丁寧な暮らし、 何事も過度にならないバランスの良い暮らしを心がけている。 感性子育てセラピストとしても活動中。 子どもやママが笑顔で元気に暮らすための、 イベントや講座の企画運営も行っている。 夢は、子どものココロとカラダのスペシャリストになること、 子どもたちがワクワク&キラキラ過ごせる空間を作ること。 【取得資格】 社会教育主事, サードメディスンアドバイザー, ナチュラルシードマイスター, ISD 個性心理学インストラクター などなど。
カテゴリー: 未分類 パーマリンク