コーヒーはもう悪者じゃない?!

みなさん、こにちは。

yukiです。

 

みなさん、コーヒーはお好きですか?

ko-hi-

 

子どもの頃、母がサイフォンで淹れてくれるコーヒーは

とてもアーティスティックな光景で、大好きでした。

 

ポタポタ落ちる音

炎のゆらぎ

部屋いっぱいに漂う香り。

 

思い出しただけで、何だかほっこりします。

 

しかし、私の妹はコーヒー嫌い。

コーヒーを飲むと、いつも鼻血が出ていたのです。

 

なので、あんまり飲まない方が良いのだろうなあと

子どもながらに感じていました。

 

今も、私は嗜好品として、時々楽しむ程度です。

 

しかし最近、コーヒーは悪者ではなく、

体に良い飲み物であるという認識が広がっているようです。

 

脂肪肝、肝臓癌、消化器官の癌予防など、

肝機能改善に有効だという意見が多いですね。

 

カラダの事をあれこれ勉強してきた私から

とってもとっても簡単に説明させて頂きますと(笑)、

コーヒーの苦み成分⇒毒が来た!と判断⇒肝臓の解毒作用がUP!

ということが悪説脱却の要因でしょうか。

※専門家の方、説明が間違っていたらごめんなさい。

 

また、肝臓は怒りの臓器とも言われています。

イライラしたときに、コーヒーを1杯飲むと、

何だか、ほっとするのは

この解毒作用のおかげだったのかもしれません。

 

ただしですね、なんでも摂りすぎはNGです。

また、万人に合うものはないと思っていますので、

日頃より、自分の体調をしっかり観察しながら、

体調に合ったものを適量頂きましょう。

それが、健康維持の秘訣だと思っています。

 

ちなみに、コーヒーに含まれるクロロゲン酸という成分は、

鉄分と結合しやすいようなので、

貧血気味の方は、体調をみながら楽しんだ方が良いかもしれません。

 

今日は、朝からドタバタですが、

どんな時でも、丁寧に、心をこめて過ごしたいものです。

さて、お買い物に行ってきます!!

 

 

 

avatar

yuki について

~yuki~ 大学卒業後、営業、秘書、企画、商品開発などの職を経験。 現在、11歳、9 歳、1歳の一男二女と夫の 5 人暮らし。 過去に、育児ノイローゼや原因不明の様々な病気を経験。 子どもはアレルギー、チック症、頻尿などを発症。 これらの経験から、 カラダ、ココロ、食、環境など幅広く学びを継続中。 自分や家族に合った情報や物事を取り入れた丁寧な暮らし、 何事も過度にならないバランスの良い暮らしを心がけている。 感性子育てセラピストとしても活動中。 子どもやママが笑顔で元気に暮らすための、 イベントや講座の企画運営も行っている。 夢は、子どものココロとカラダのスペシャリストになること、 子どもたちがワクワク&キラキラ過ごせる空間を作ること。 【取得資格】 社会教育主事, サードメディスンアドバイザー, ナチュラルシードマイスター, ISD 個性心理学インストラクター などなど。
カテゴリー: 未分類 パーマリンク